電源を所有せずリースする | Aggreko Japan

電源を所有せずリースする

現在の経済情勢を踏まえて、多くの企業はより短期的な経済的利益と柔軟性を求めています。

経済学者によると、現在の国際的金融危機は1930年代の世界大恐慌以来最悪であるとされています。しかしながら、景況の先行き不透明な中、ASEAN地域においては力強い経済成長が見られました。この成長と増加する人口の生活水準の向上とが相まって、エネルギー利用が劇的に増加しています。

各国の政府がこの増大する需要にひたむきに取り組んでいますが、実際のところ多くの国では国民が必要とするエネルギーの増大に追いつくことは難しく、結果的に周期的な停電に見舞われることになります。このような停電は一般国民にとっては不便ですが、産業にとっては多大な損失をもたらすことにになり国民総生産、そしてこの増々グローバル化する経済市場における競争力に大きな影響を与えることになります。

ビジネスの継続性を維持するために、多くの企業は保証された電源を代替的な提供元から購入または単体の発電機を設置・保守することで、あるいは専門的なレンタル電源サプライヤーのサービスを利用することで賄おうとしています。しかしながら、政府や組織が一様に設備投資を制限しながら価値を最大化しようといている時期においては、発電機器を購入またはリースするという判断は彼等の短期的・長期的な要件にも合致します。情報に基づいた判断を下す上では、大枠を考慮し、賛否を評価することが極めて重要となります。

leasing-not-owning-power-207px

お電話によるレンタルの問い合せ