バングラディッシュ向け40MWレンタル電源パッケージ | Aggreko

バングラディッシュ向け40MWレンタル電源パッケージ

  • 国営電気事業会社は臨時電源パッケージの提供について6つの契約を締結しました。
  • 今日に至るまでAggrekoが唯一成功裏に高電圧発電施設を提供できたサプライヤーです。
  • Aggrekoが提供する40MWのレンタル電源は、バングラディシュの電力網安定を支援するために使用されます。

臨時電源及び冷凍・冷却温度制御サービス・プロバイダーの世界的リーダーであるAggrekoは、 Infradev Associatesと連携してバングラディシュ・クルナに40MWの臨時パッケージを成功裏に設計、設置、性能検証を実施しました。本プロジェクトはバングラデシュ電力開発局(BPDP)が様々なサプライヤーに発注した6つある臨時電源契約の内の1つです。現在まで、成功裏に臨時電源パッケージを提供できたのはAggrekoのみで、これはクルナのGoal Para変電所に設置されています。

電源パッケージを構成するのは、コンテナ型の発電機50台、変圧器9台、燃料タンク、開閉装置、ケーブル及び付属機器です。電源パッケージの電圧は132kVで、これはAggrekoが手がけた中でも最も高い電圧のプロジェクトになります。プロジェクトに使用した機器はシンガポール、アラブ首長国連邦、そして欧州のデポ(設備の保管・制御機器)から輸送されています。電源パッケージは1日18時間、Aggrekoの技術者によって運用されます。発電された電力は主要電力系統に供給され、バングラディッシュの産業開発の増加により発生している夏季の負荷遮断を最小化するために使用されます。負荷遮断は、特定の地域で需要が供給を上回った場合に起こり、結果、一定の時間中に供給を制限せざるを得なくなります。

Aggreko Asia担当責任者、イアン・ロジャースは「電力系統のサポートはAggrekoが多くの経験を有している分野の一つです。バングラデシュ電力開発局と協力してバングラディッシュの人々に電力不足への迅速な解決策を提供できたことを嬉しく思っています。アジア地域に恒久的な拠点を有する当社は、アジア地域や近隣諸国の様々な電源または冷凍・冷却温度制御要件に即座且つ効率的に対応することが可能です。」

To speak to one of our team in Japan please call