Aggreko、シンガポール2010年ユースオリンピック大会に電源を提供

Aggreko、シンガポール2010年ユースオリンピック大会に電源を提供

2010年9月7日(シンガポール):臨時電力及び冷凍・冷却温度制御サービスプロバイダーの世界的リーダーであるAggrekoは、2010年8月14日から26日に開催されたシンガポール2010年ユースオリンピック大会(YOG)に臨時電源を提供しました。205のオリンピック委員会(NOC)から派遣された14歳から18歳の3,600人の選手がYOGの就任式に参加し、26の種目で競いました。

シンガポール2010年ユースオリンピク大会のオフィシャルサポーターであるAggrekoは、16の競技場、2つのトレイニング施設、そしてメディアセンター本部に対して主要電源及びバックアップ電源の組み合わせで電源を提供しました。47名のAggreko社員が電力パッケージの性能検証と運用に携わり、内34名は現地採用のエンジニアや技術者でした。信頼性の高い電力を各会場に確実に提供するため、Aggrekoはシンガポールユースオリンピック大会組織委員会(SYOGOC)と密接に連携し、会場に統合される電源や配電システムを設計しました。

Aggreko Asia担当責任者であるディバジ・ダスは、「2010年ユースオリンピック大会の臨時電源サービスプロバイダーとして選定されたことを大変嬉しく思っています。主要イベントにおいては品質の高い電源が不可欠です。過去の夏季・冬季オリンピック大会での経験から、この新しいエキサイティングなイベントにおいても信頼性の高い電源を確実に提供することができました。」

Aggrekoは、イベント産業への電源レンタルのリーダーであり、バンクーバー、アトランタ、ソルトレイクシティ、シドニー、そしてバルセロナのオリンピック大会やサッカー、ラグビー、クリケット等の世界大会を含むその他主要スポーツイベントへのターンキー電源パッケージ提供の実績があります。

2010年9月7日(シンガポール):臨時電力及び冷凍・冷却温度制御サービスプロバイダーの世界的リーダーであるAggrekoは、2010年8月14日から26日に開催されたシンガポール2010年ユースオリンピック大会(YOG)に臨時電源を提供しました。205のオリンピック委員会(NOC)から派遣された14歳から18歳の3,600人の選手がYOGの就任式に参加し、26の種目で競いました。

シンガポール2010年ユースオリンピク大会のオフィシャルサポーターであるAggrekoは、16の競技場、2つのトレイニング施設、そしてメディアセンター本部に対して主要電源及びバックアップ電源の組み合わせで電源を提供しました。47名のAggreko社員が電力パッケージの性能検証と運用に携わり、内34名は現地採用のエンジニアや技術者でした。信頼性の高い電力を各会場に確実に提供するため、Aggrekoはシンガポールユースオリンピック大会組織委員会(SYOGOC)と密接に連携し、会場に統合される電源や配電システムを設計しました。

Aggreko Asia担当責任者であるディバジ・ダスは、「2010年ユースオリンピック大会の臨時電源サービスプロバイダーとして選定されたことを大変嬉しく思っています。主要イベントにおいては品質の高い電源が不可欠です。過去の夏季・冬季オリンピック大会での経験から、この新しいエキサイティングなイベントにおいても信頼性の高い電源を確実に提供することができました。」

Aggrekoは、イベント産業への電源レンタルのリーダーであり、バンクーバー、アトランタ、ソルトレイクシティ、シドニー、そしてバルセロナのオリンピック大会やサッカー、ラグビー、クリケット等の世界大会を含むその他主要スポーツイベントへのターンキー電源パッケージ提供の実績があります。

To speak to one of our team in Japan please call

Youth Olympic Games