ノルウェイ・スタバンゲルのブレントスパー解体 | Aggreko

ノルウェイ・スタバンゲルのブレントスパー解体

お客様の課題

ノルウェイに数多く存在するフィヨルド(峡湾)の一つに、有名なブレントスパーが鎮座しています。当初北海に停泊していたこの浮体構造物は、主にコンクリートと鉄を材料としており、原油の貯蔵及び積み込み浮標艇として使用されていました。数年の協議、論争、そして最終判断の結果、ブレントスパはノルウェイに曳航され、解体。大部分がフェリー埠頭のロールオン・ロールオフ構造として使用されました。

Aggrekoのソリューション

プロジェクト開始時、150kWの発電機2台が準備期間用に設置され、後に18週間の解体期間のために400kW発電機が3台提供されました。

お客様にとっての利点

Aggrekoはプラットフォームの建設から最終的な解体まで、ターンキーソリューションと継続的なお客様サポートを提供することで、プラットフォームのライフサイクルを通して全フェーズにおいて積極的に関与してきました。

piltupiltun-apr06-n_v_Variation_2.jpg

To speak to one of our team in Japan please call