アンゴラ・カビンダの公益ベースロードの提供 | Aggreko

アンゴラ・カビンダの公益ベースロードの提供

お客様の課題

カビンダ地域における対立期間を経て、当地の電力網は大規模な修理が必要でした。500,000人の市民にとっては、もはや電力配給制が日常の一部になっていました。経済開発及び地域の復旧を支援するために信頼性の高い電源が必要でした。

加えて、カビンダでは天然ガスが容易に入手できる反面、燃料(ディーゼル)価格が上昇していました。カビンダ当局は次年度における電力供給に使用する燃料の代替源を模索していました。

Aggrekoのソリューション

カビンダの現存需要に対処するために、Aggrekoはまずマロンゴに15MW、20kVの電源パッケージを提供しました。カビンダの市民が信頼性の高い電力供給に慣れてくるに従い、需要は25MWに増加しました。電力網を安定化させるために主要電力パッケージを20MW、30kVまで増強し、タウンセンターに設置された15kV、5MWの電力パッケージで補完しました。

地方電化も課題でした。カビンダ市が信頼性の高い電源を確立したことで周辺郊外の需要も増加しました。この需要に対応するため、Aggrekoは2MWの電源パッケージの「サテライト発電施設」をカビンダ北部の雨林から地方空港の周辺地域まで、8箇所の遠隔地に設置しました。

お客様にとっての利点

これら拠点の電力は当初ディーゼル発電機によって供給されていましたが、ガス発電機提供のお約束を果たすため、Aggrekoはマロンゴの主要発電施設における大部分の発電機をガス発電機に転換しました。これによりお客様の全体的な運用費用を大幅に削減することができました。

cabinda power utilities resized_v_Variation_1.jpg

To speak to one of our team in Japan please call