ハリケーン後の生鮮食品をCargoPowerが貯蔵 | Aggreko

ハリケーン後の生鮮食品をCargoPowerが貯蔵

お客様の課題

ハリケーン・ジョージスがアメリカ東部沿岸を直撃したその時、とある農産物供給業者が500トン(453メトリックトン)の生鮮食品を港に着岸させ、苦境に立たされていました。

Aggrekoのソリューション

即座に危機管理計画が実行され、嵐を凌ぐために10マイル(16キロ)内陸にある施設に生鮮食品を移動させることとなりました。Aggrekoは15台のCargo Power装置を使用し、コンテナへの電源を供給しました。

お客様にとっての利点

Aggrekoの迅速な対応で、輸送の間に冷蔵コンテナを最適な温度に保つことができました。また、ハリケーンの期間中も配送が可能となるまで、食品の鮮度を維持することができました。

cargo power image resized_v_Variation_1.jpg

To speak to one of our team in Japan please call