竜巻により被害を受けた工場冷却塔の交換 | Aggreko Japan

竜巻により被害を受けた工場冷却塔の交換

猛烈な竜巻がオクラホマ州の発電所に所在する重要な冷却塔6塔の内の1塔を損傷しました。115,000GPMの冷却塔を失ったことで、発電能力の大幅な低下が強いられていました。気温が高い夏季であることが特に課題となりました。迅速なソリューションが必須で、このことからも1日当たり100,000米ドルの違約金が契約の一部を構成することになりました。

Aggrekoのソリューション

Aggrekoはスケジュール通り、8日で臨時システムを組み上げました。これは1,000トンのモジュールタワー45塔及び関連する変圧器、配電・配管システムで構成されています。特許取得済みの独自設計により、冷却塔は省スペースで設置が可能となっています。また、冷水貯め が高い位置に設置されるよう設計されているため、追加的なポンプが不要となります。

お客様にとっての利点

設備の設置は完全な成功でした。発電所は8日以内に通常の発電が可能となりました。電気利用者にも継続的な電源が保証され、エアコンやその他サービスが利用可能となりました。

cooling-towers-in-snow_opt_v_207.jpg

To speak to one of our team in Japan please call

関連産業