欧州精製所における全冷却塔の置き換え | Aggreko

欧州精製所における全冷却塔の置き換え

お客様の課題

石油をよく知られた燃料に、廃棄物をアスファルト、ビチューメン及び肥料に処理する石油精製会社であるVebaは、22.3MWの冷却システムの請負について、Aggreko専任の営業のプロと技術者に支援を依頼しました。

Aggrekoのソリューション

毎時1500立方メートル(毎時52,500立方フィート)を36℃から24℃(97° Fから75° F )の温度で冷却するため、Aggrekoは4週間のプロジェクトの間、膨大な数の冷却塔をゲルゼンキルヘンへ輸送しました。追加的な冷却塔も持ち込まれ、最終的には15の冷却塔、27のポンプ、4km(2.5マイル)のホースが輸送され、2週間で竣工しました。当地域にて臨時ソリューションサプライヤーとして名高いAggrekoについてVebaは、臨時冷却塔の設置により必要とされた継続的な冷却機能が提供されたと述べました。Aggrekoは中電圧から高電圧までの電源一式についても引き継ぐこととなりました。

お客様にとっての利点

VebaはAggrekoの革新的で信頼性の高いサービスに満足されました。導入された冷却塔ソリューションと比較して代替案の冷却器は高コストで電力消費が大きく、より集中的なサポートが要求されました。

air-cooled-chillers-refinery

To speak to one of our team in Japan please call