Aggreko、水力発電所を補完

Aggreko、水力発電所を補完

お客様の課題

最低降雨量が5年間連続したことで、スリランカの水力発電所の給水源である貯水池の水位は極限レベルに達していました。より状況が深刻化する中、給水量を保全するために電力配給制が再度導入されました。

当初の入札においては、首都であるコロンボ周辺の4箇所に100MWのベースロード電源を導入することが要求されていました。しかし、この要件は最終的に200MW を8箇所に設置する内容に強化されました。

Aggrekoのソリューション

Aniyakandaの8MW/11kVからKosgmaの45MW/33kVまで、異なる電圧・出力を提供するためには柔軟なシステムが必要となります。Aggrekoは発電機、変圧器、開閉装置、制御室、付属品一式を提供しました。

Aggrekoはまた、大型燃料貯蔵システムも提供し、一部の現場においては電力会社に代わり、品質管理及び計量を含めた燃料管理を担当し、契約期間中の燃料消費レベルを保証しました。

24時間365日、200MWの臨時電源全体が確実に最高のパフォーマンスで稼働するよう、Aggrekoのエンジニアが提供機器の運用と保守を請け負いました。
契約締結から8週間以内に、Aggrekoは200MWの電源の輸送、納品、据え付け、立ち上げを行いました。

お客様にとっての利点

要求された短期間でお客様指定の出力・電圧を正確に発電する柔軟性を有するモジュール電源パッケージを発出、設置、性能検証するAggrekoの能力がベンダーとして選定された重要な要素であったことが立証されました。

dms_4921_opt_v_Variation_2.jpg

To speak to one of our team in Japan please call

関連産業