メキシコ湾沖プラットフォームの緊急再起動

メキシコ湾沖プラットフォームの緊急再起動

一流石油会社が所有するメキシコ湾沖プラットフォームが緊急的に臨時電源が必要となった際、Aggrekoが頼りにされました。技術的な問題から、プラットフォーム上の発電機は停止しており、船上は停電状態でした。これにより、高額な損害が生じる生産停止の可能性もありました。

Aggrekoのソリューション

Aggrekoは2日足らずで800kW、480Vの発電機を8台、現場に設置しました。さらに2日以内に発電機がプラットフォームに電源の供給を開始しました。加えてこのソリューションが経済的であるということがお客様に立証されることとなり、発電機は長期的にリースされることとなりました

お客様にとっての利点

プロジェクト監督エンジニアは、「今回がAggrekoと仕事をする初めての経験でした。素晴らしいパフォーマンスで、次回も躊躇なくお願いしたいと思います。大変感心しました。」

sbm---first-pro-for-brasil_opt_v_Variation_207.jpg

To speak to one of our team in Japan please call