Aggreko、25マイルにわたり巨大掘削機に電力提供

Aggreko、25マイルにわたり巨大掘削機に電力提供

お客様の課題

電気発電の巨大な露天掘り掘削機を25マイル先の鉱山に移動することになりました。解体も選択肢として検討されましたが、時間がかかり高価でもあります。代替的なソリューションが必要でした。

Aggrekoのソリューション

計画としては、原動力に掘削機自体の電気モーターを使用して本体を移動することでした。Aggrekoの計算によると、最適な電流量を提供するためには、1,250kWの発電機6台が必要でした。慎重な準備と細心の計画により、移動が開始しました。移動は数週間かかりましたが、掘削機を構成部品に解体して運搬するよりもはるかに早く目的地に到達しました。

お客様にとっての利点

モーターを稼働させるための現場電力を提供することで、Aggrekoは掘削機を原型のまま移動することに成功しました。解体が不要となったことは、相当の時間、費用の節約を実現したことを意味します。壮大な移動の旅は滞りなく完了し、掘削機は新たな採掘場に設置されました。数週間後、生産が再開しました。

new-center-market-abu-dhabi_opt_v_Variation_1.jpg

To speak to one of our team in Japan please call

関連産業