フィリッピン・パナイ島のベースロード用緊急発電施設 | Aggreko

フィリッピン・パナイ島のベースロード用緊急発電施設

お客様の課題

パナイ島はヴィサヤ諸島に属する島です。フィリピン群島のほぼ中央に位置するヴィサヤ諸島はセブ・ネグロス・パナイ下位電力系統に接続されています。パナイ島は電力網の末尾に位置しているため、ヴィサヤ地域の電力不足に最も被害を被りやすいと言えます。

フィリピン国有会社である国営電力公社(NPC)は、電力系統の補完と推定350万人のパナイ島島民に影響が及ぶ当該地域の停電を軽減するため、臨時電源を緊急に必要としていました。

Aggrekoのソリューション

Aggrekoは10MW、69kVのベースロード発電施設をパナイ島カピス州パニタン変電所に設置しました。発電所、変圧器、燃料タンク、高圧ケーブルを含む完全パッケージを提供しました。全ての設備機器及び付属機器が契約締結後40日以内に発出、据え付け、性能検証されました。

お客様にとっての利点

パニタン変電所への直接接続を可能にするため、69kVの電源パッケージが提供されました。この構成はまた、送電損失を最小化し、系統の電圧安定度を改善するという追加的な利点もありました。

panay islands utilities resized_v_Variation_1.jpg

To speak to one of our team in Japan please call