革新的なプロセス強化による生産量の改変 | Aggreko

革新的なプロセス強化による生産量の改変

燃料ガス契約の喪失に直面するCITGOは、燃料ガスの生産を減らすか全体的な精製スループットを下げるかという難しい選択を迫られていました。CITGOには素晴らしい安全プログラムがあり、プロジェクトの安全と信頼性を重視していました。エンジニアリング活動を通じて、Aggrekoは両プロジェクトに対して総合的なプロセス設計を行いました。

Aggrekoのソリューション:温流の低下

Aggrekoは、お客様に燃料ガス生産を減らすソリューションを提案しました。各処理装置の見直しの結果、中間温流が低減されれば、不飽和ガスが吸収され、工場の燃料ガス部分のガス流を下げることができることが分かりました。

Aggrekoが定言したスキーム(水冷式)とこのソリューションのプロセス倫理及び経済倫理は、冷却するガソリン量と除去されるべきエンタルピーの量に基づいています。ガソリンの入口温度が十分に低いので、一つの交換器で要求された熱除去を達成することが可能です。Aggrekoは専用の携帯型冷却塔を提供し、機械冷却装置は水を使用して冷却されました。

API値51のガソリン用機械冷却装置及びナフサ範囲のリーンオイル冷却のための熱交換器の二つのプロセスポイントが特定されました。CITGOはAggrekoの定言を受け入れ、導入に向けてファーストトラック・プログラムを開始しました。初打ち合わせからプロジェクト開始時まで、約6週間でした。

お客様にとっての費用面での利点

お客様は文書化によりパフォーマンス、安全性、信頼性の側面からプロジェクトを注意深く分析することが可能となりました。この文書化はまた、円滑でスムーズな導入と立ち上げを可能としました。

飽和工場のプロセスエンジニアからユニット内の燃料ガスは500,000標準立方フィート/日の規模で減少したとの報告がありました。これは1日当たり340バレルに相当します。コスト利得比は6.8対1です。

2-wcc-750-sur-site-chimique_v_Variation_2.jpg

To speak to one of our team in Japan please call