プロピレンの回収 | Aggreko

プロピレンの回収

お客様の課題

アメリカ中部のオレフィン生産会社はプロピレン装置の回収部の制限を経験していました。これにより生産への影響が生じるだけでなく、無用なプロピレンフレアが発生していました。汚損した熱交換器が問題であると思われ、清掃のために工場の停止が必要となりました。停止の場合は数日間の生産が失われることになりますが、工場は停止による損失を発生させる余裕がありませんでした。

Aggrekoのプロセスサービスに評価の依頼がありました。お客様の現場にて打ち合わせが行われました。

Aggrekoのソリューション

現場に機器が到着して24時間以内にプロジェクトが立ち上がり、全てのプロセス目的が分析されました。Aggrekoのプロセスサービスチームは選択可能なオプションをレビューし、お客様のニーズを満たすソリューションを提案しました。提案内容は設置機器の面で最も工場への干渉の程度が低く、予定外の停止を回避するものでした。

お客様にとっての利点

プロジェクトにより、ユニットの計画的な停止が調整できるまで、工場の生産を維持することができました。加えて、プロピレンフレアの発生も不要となり、潜在的な環境ペナルティを回避することができました。

refining_opt_v_Variation_2.jpg

To speak to one of our team in Japan please call

関連産業