スキポール空港の拡張工事期間中にAggrekoの冷却器が頼りに

スキポール空港の拡張工事期間中にAggrekoの冷却器が頼りに

アムステルダムのスキポール空港は、収容可能人数増大を図るため、大規模な改築プロジェクトを実施しました。中央乗客ラウンジ及びショッピングエリアの大掛かりな改修を行うため、空港の既存の空調システムを停止しなくてはなりません。

Aggrekoのソリューション

スキポール空港の利用者が快適に過ごせるよう、Aggrekoは100kWの冷却器を3台、150kWの空調機2台を用意しました。これら機器の電源は320kVAのディーゼル発電機で賄われており、付属機器と併せてAggrekoが提供しました。

お客様にとっての利点

Aggrekoの信頼性の高い機器によって、スキポール空港は空気品質の基準を維持することができ、拡張作業中においても利用者及びスタッフに快適な環境を提供することができました。

To speak to one of our team in Japan please call