TecHeatが化学薬品を使わずに小麦粉工場の厄介な害虫を駆除 | Aggreko

TecHeatが化学薬品を使わずに小麦粉工場の厄介な害虫を駆除

お客様の課題

パスタ工場の衛生エンジニアは、設置されたフェロモントラップの定期見回り時に、大量にコクヌストモドキが捕獲されれていることに憂慮していました。トラップで捕獲した数がこれだけ多いのであれば、穀物容器、貯蔵タンク、ふるい、モーターや他の電気器具にも当然被害が渡っていると確信し、即座に計画を実行しました。

Aggrekoのソリューション

Aggrekoに連絡が入り、新しい1,120kWの熱処理装置が工場に運搬されました。当社の技術者が装置を慎重にお客様の仕様に設定し、24時間以内に完全稼働可能になりました。装置の空調制御室内のコンピューターから、技術者は快適に施設の温度が130°F (54.4°C)に上昇するのを監視することができました。

お客様にとっての利点

12時間後、TecHeatアプリケーションが完成し、衛生エンジニアが再度施設の調査を行ったところ、今回はその結果に大変満足しました。害虫の死骸がいたるところにあるにもかかわらず、化学残留物は皆無でした。

2-dale-farm_opt_v_Variation_2.jpg

To speak to one of our team in Japan please call