Aggreko、世界スキー大会にてマイルストーン達成

Aggreko、世界スキー大会にてマイルストーン達成

お客様の課題

世界スキー大会が課した課題は、イベント本番の9ヶ月前に遡ります。それはシームレスな運用を目指してAggrekoの技術者とエンジニアが本大会の計画策定、調整を始めた時でした。極寒の温度の中で機器の継続的な運用を行うためには、特別な燃料と日々の点検が必要となります。

Aggrekoのソリューション

44,000kg(97,003ポンド)のケーブルを含む合計290トンもの設備がサンモリッツに輸送されました。これらのケーブルは、91cm(3フィート)の雪と20cm(8インチ)の氷を除去した後、Aggrekoのチームが運搬・布設しました。高度2.438m(8,000フィート)、-20°C (-4°F)の気温の中、Aggrekoのチームはケーブル布設のため12日間連続で作業し、日照が1日7時間しかない状況でこれは驚くべき偉業です。放送、国際放送センター、国際プレスセンター、VIP及びボランティア用テント、チームサービスセンター、そして開会式まで、Aggrekoが電力を供給しました。

お客様にとっての利点

頻繁に気温が-23°C(-9°F)を下回る中でも、 Aggrekoのチーム及び設備機器が大会の運営を可能にしました。これにより世界の視聴者が歴史上最も素晴らしいスポーツイベントの一つである世界スキー大会を継続的に視聴し、楽しむことができました。

aes honda ski tour super hush canopy power resized_v_Variation_1.jpg

To speak to one of our team in Japan please call

関連産業